御館の乱 上杉景勝と上杉景虎の上杉謙信後継者争い

御館の乱 上杉景勝と上杉景虎の上杉謙信後継者争いに勝ったのは?

戦国最強の武将と称されながら、領土拡大にはこだわらずに越後と信濃、そして、関東の平定だけに生きた大名・上杉謙信は、新しく台頭してきた尾張の織田信長との戦いを最後にこの世を去りました。

しかし、後継者を決めないままの急死であったために、上杉家臣団は2つの勢力に分かれて後継者争いをすることになったのです。

スポンサーリンク


後継者候補の一人は上杉景勝。上杉謙信の甥にあたり、謙信の養子となりました。そして、もう一人の後継者候補は、上杉景虎(かげとら)。相模国の小田原を拠点とする北条氏康の子として生まれ、同盟のための人質として甲斐の武田氏、越後の上杉氏へと渡り歩いた人物です。上杉一門では人質の身分にも関わらず、上杉謙信に大いに気に入られ、養子となっただけでなく、謙信の幼名である「景虎」を与えられたほどでした。

当時、大名同士が同盟を結ぶ際には人質を送り合う慣例があり、その同盟も破れては違う相手と結びなおすというのが当たり前だった時代です。

天正6年(1578年)、謙信が病死すると、景虎を支持する家臣、並びに実家の北条氏、その同盟国でもある武田氏が後ろ盾となります。北条氏も武田氏も、景虎が当主となることで越後を気にせず天下取りに臨めるためでした。

一方、景勝は家中でも最大級の兵力が与えられており、そのことから景勝こそ正当な後継者であると擁立した家臣たちがいたことから、家督争いが勃発したのです。当初は小規模な小競り合いでしたが、景勝は上杉氏の本拠である春日山城を占拠し、景虎は城下にある御館(おたて)に立てこもります。この御館とは、謙信の時代に関東での戦に破れて逃れてきた上杉憲政(のりまさ)のための屋敷でした。

上杉憲政は、関東管領(かんとうかんれい)という関東を平定する役職に就いていましたが、謙信を養子に迎えてその役も謙信に譲っています。いわば、謙信の父であり景虎にとっては義理の祖父となり、憲政が味方に付くことは景虎にとってとても心強いことでした。

しかし、景勝が春日山城をおさえたということは、地理的な優位性だけでなく、蔵にある黄金や謙信が使用していた印判などを手に入れることになり、より後継者としての説得力を増したのです。

景勝を支持した武将の顔ぶれを見てみると、謙信の側近や旗本の過半数が加担したことが分かります。特に側近中の側近でもある直江信綱がいたことは大きな力となりました。直江信綱はNHKの大河ドラマ「天地人」の主人公となった直江兼続(なおえかねつぐ)の義兄弟にあたります。さらに謙信には4人の養子がいましたが、景勝と景虎以外の2人も景勝方に付きました。

一方の景虎は、御館の上杉憲政やその息子である上杉憲重など、上杉直系の支持を得ている他、北条氏当主であり実の兄でもある北条氏政(うじまさ)、武田氏当主で武田信玄の息子である武田勝頼なども力となります。

両陣営には、それぞれ多くの側近や旗本がいましたが、顔ぶれだけでどちらが有利だったのかは判断できません。どちらも鍵となる人物がいて、古くからの側近も分かれて対立したためでした。

スポンサーリンク


さて、御館に立てこもった景虎は、実家の北条氏政に助けを求める一方で、春日山城下に放火を行い、景勝方を動揺させてから城を攻める作戦に出ますが撃退されてしまいます。

この頃には、春日山での直接対決以外にも、各地で両陣営の戦いが始まりました。こうした地方での戦いは景虎方が有利でしたが、景勝も策略では負けていません。武田氏に和睦を持ちかけ、武田氏に上杉領の一部を譲ることを条件に甲越同盟を締結したのです。

ちなみに甲越とは、武田の領地である甲斐の「甲」と、上杉の領地である越後の「越」に由来しています。

こうして武田氏を味方にした影勝は背後を心配する必要がなくなりました。依然として北条氏は景虎方でしたが、本拠地は相模国(神奈川)という遠方なのですぐに攻め込まれる心配もありません。景勝方は勢いに乗り、形勢を逆転させていったのです。

天正6年(1578年)4月に勃発した家督争いは、6月になり武田氏の仲介で一度は和平が成立しました。しかし、8月に徳川家康が武田領に侵攻したことを受け、武田勝頼が一部の兵を残して甲斐へ戻ると、再び景勝方と景虎方の戦いが始まります。

北条氏も本格的に越後への進軍を開始しますが、冬が近付いていたこともあり、途中で撤退することとなりました。こうして武田・北条の干渉を取り除いた景勝は、翌天正7年(1579年)2月1日、御館の景虎への総攻撃を命じます。この頃には影虎不利を悟った味方が離反していたこともあり、呆気なく御館は落城。御館を脱出した景虎も、鮫ヶ尾城(新潟県妙高市)にて自害する結果となりました。

ちなみに御館の主である上杉憲政は、景勝に和睦を求めようとしましたが、その途中で景勝方に殺害されています。

こうして、越後だけでなく、諸国をも巻き込んだ後継者争いは景勝が勝利し、上杉家の当主となったのです。そして、この争いは後に「御館の乱」と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク