日本の歴史 縄文時代。縄文人の生活、衣食住、暮らし・食べ物、遺跡、天皇、弥生時代との違いは?

縄文時代。縄文人の生活、衣食住。天王は?

日本史を習う上で一番最初の時代である縄文時代。しかし、その全貌はまだわからず非常に謎が深い時代でもあります。

そんな縄文時代ですが、果たしてこの時代の日本人は一体どんな暮らしを送っていたのでしょうか?

今回はそんな日本の歴史のあけぼのである縄文時代について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


縄文時代とはどんな時代?

縄文時代とは紀元前10000年から紀元前400年ほどまで続いたとされる時代で、狩猟や採取などを行い生活をしていたことが特徴となっています。

ちなみに、ひとえに縄文時代といっても使われていた土器の特徴などから古い順に、草創期、早期、前期、中期、後期、晩期の6つの時代に分けられ、それぞれの時代に合わせて土器が進化したりするなどの文化の違いも見られます。

縄文時代の前には氷河期といって気温がものすごく低く、海や大陸などか凍り日本と中国が接続している状態でした。しかし、時代が経つにつれて氷河期が終わり海面が上昇したことによって大陸と日本が切り離されいわゆる日本列島が誕生することに。

しかし、大陸がつながっている時に入ってきた人や動物は日本列島に居座ることになり、この居座った人が今の日本人の元祖となっていったのです。

そして紀元前10000年に入りマンモスなどの大型動物が絶滅してそのかわりにシカやイノシシなどといった小型の動物が繁栄するようになると人々は定住を行なっていき、縄文時代に突入することになりました。

縄文時代の生活

紀元前10000年から紀元前400年までの約9000年ほど続いたとされる縄文時代でしたが、その根拠となっているのが遺跡から発掘された遺品などでした。

この時代には文字がないためまだ分かっていないことが多くありますが、次は縄文時代に人々がどのような生活を送っていったのかについて見ていきましょう。

縄文時代の土器

縄文時代の名前の由来となったのが縄文土器でした。土器は弓矢と並んで縄文時代の重要な発明品とされており、この土器を使って捕まえた動物の肉やどんぐりを貯蔵したり、煮炊きに使ったりしています。

しかし、縄文土器にも色々な種類があり、最初の方は土を固めただけの非常にシンプルなものだったのが晩期の頃になると装飾がつけられ、後期になるとどちらかといえば実用品よりも装飾品としての意味合いの方が強くなったことがわかります。

縄文時代の住居

縄文時代の最初の方は今のような一つの場所にずっと暮らす定住という形をとっておらず、動物の移動に合わせて場所を変えて暮らすという移住を行なっていました。

今でもモンゴルの遊牧民などは移動して生活していますが、やはり縄文時代の初期の頃は動物を栄養源にしていたために移住しながら暮らさなければならなかったようです。

しかし縄文時代も中期に差し掛かってきたあたりからはどんぐりや魚など移動しなくても取れるような栄養源を取るようになったために定住するようになりました。

さて、縄文時代の住居といいますとほとんどが竪穴式住居という方式でした。

この方式は穴を掘ってその穴の上に柱を建ててその上に屋根となる草を被せる非常に簡素なものでしたが、この竪穴式住居は平安時代の初期まで日本人の住居のポピュラーなものとなっていきます。

縄文時代の食べ物

縄文時代の後期になるまで日本には稲作という文化はありませんでしたが、そのかわり主食としてどんぐりなどの木の実を食べていました。

ゴミ捨て場として利用された貝塚の中にはどんぐりと思われる木の実があることがわかっており、採取して食べていたと考えられています。

また、海や川に近いところであれば魚や貝などを、山などではイノシシやシカなどの肉を食べていました。

ちなみに、縄文時代では肉を焼くだけではなく、土器を利用して肉を調理したり、果実などで酒を作ったりしていたとされています。

縄文時代の服装と道具

縄文時代の服装は基本的には麻や動物の毛皮などを使っていたそうです。縄文時代には糸を作ってそれを織るという技術があったため、麻の服などを作ったりすることが可能でした。

また、道具の方では縄文時代では弓矢などを使って動物を取っていたため、それに合わせた道具も進化していきました。

例えば弓矢の矢の部分や、漁で使う銛や釣り針などには骨角器といって動物の骨を鋭く尖らせた道具を使い仕留めていたようです。

また、縄文時代には旧石器時代に大量に使用されていた打製石器だけではなく、打製石器から研磨して加工した磨製石器などが使われるようになり、動物の肉の加工や、木の実をすりつぶしたりするときに利用されていました。

縄文時代の宗教と身分制度

縄文時代にはアニミズムという習慣が生まれていました。アニミズムというのは要するに自然や自然現象などには全て霊魂が宿っているという考え方で今の日本の神道にもつながる考え方です。

縄文時代にはこのアニミズムの生活の軸にしている部分も多くあり、それに合わせた風習や道具も数多く作っています。

例えばよく知られているのが土偶。ヘンテコな形をしているのがほとんどですが女性をかたどっているものだとされており、出産の祈願や豊作の祈願などに使っていたようです。他にも亡くなったときに胎児の形をして自然に戻るという考えから体を折り曲げて埋葬する屈葬が行われたり、この頃は成人したことの証明としてけがをしたときに行う抜糸とは別の目的で歯の一部を抜いたり、歯に切り込みを入れるなどを行う抜歯を行なっていたとされています。

ちなみに、この縄文時代には身分制度というものはほとんどなかったらしく祭事の時の統率者はいたとされていますが基本的にはみんな同じ立場とされており、亡くなったときにも集落にある共同墓地に葬られていました。

スポンサーリンク


縄文時代の特徴とムラの誕生

さて、ここまでは縄文時代にはどのような生活を人々が送っていったのかについてみていきましたが、次は縄文時代の人々がどのような形で集落を形成していったのかについて見ていきましょう。

縄文時代のネットワーク

縄文時代といえばあまり文化が発達していないと思われがちなのですが、実はそんなことはなく日本列島内である程度の交易が行われていたことが分かってきています。

その証拠となっているのが縄文時代の遺跡から発掘された特産物です。

例えば北海道や長野が原産地である黒曜石が本来取れるはずもない近畿地方の遺跡から発掘されたり、それとは逆に新潟県糸魚川市が原産地とされているヒスイの勾玉が青森県の三内丸山遺跡で見つかったりするなど縄文時代に各地で縦横無尽に貿易していたことがうかがわれます。

ムラの誕生

縄文時代に定住が行われていくようになると、ポツポツと20〜30人ほどの集落が作られていくようになりました。

集落の周りには家族ごとの竪穴式住居がありましたが、集落の中心に広場を形成したり、貝殻やゴミなどを捨てる貝塚などが置かれたりして人々が共同で生活できる仕組みが完成されていきました。

スポンサーリンク


縄文時代と弥生時代の違い

縄文時代と弥生時代。

いっぺん同じような時代と思われがちなのですが、実はこの二つの時代には大きな違いがありました。

次は縄文時代と弥生時代の違いについて迫っていきたいと思います。

縄文時代から弥生時代へ

紀元前400年頃になると当時中国で行われていた稲作が朝鮮半島を通り、日本に伝来することになります。

稲作が伝わった初期の頃はこれまでの生活のサブ的なものとして行われていましたが、時代が経つにつれて稲作を中心とした生活へと変わっていき、さらに朝鮮半島から鉄技術や優れた土器の製造方法などが伝わるようになると縄文時代から弥生時代へと変わっていきました。

ちなみに、寒すぎてお米が全く育たない北海道では縄文時代の文化がそのまま継続される続縄文文化が、沖縄では漁業を中心とした生活が継続され貝塚文化という独自の文化が発達することになります。

縄文人と弥生人の違い

縄文時代の日本人は骨格を分析してみると平均身長が約150〜160センチでかなりの筋肉質だと言われています。これは肉や木の実を中心とした食生活があったから。また、顔はほりが深く二重まぶたで唇が厚い特徴がありました。

しかし、平均寿命は幼児の死亡率が高かったことから大体14.9歳とされており40歳まで生きていたらかなり長生きだとされていました。

一方で弥生時代の日本人はほりが浅く、一重まぶたで唇が薄い今の日本人のような顔つきだったと言われています。

これは弥生時代に入って稲作が伝来し米中心の食生活になったからとされています。

縄文時代と弥生時代の決定的な違い

縄文時代と弥生時代の決定的な違いはやはり土器の性質と稲作でした。

縄文時代の晩期ごろから稲作が伝来されたと言われていますが、本格的に稲作が行われ始めるようになった弥生時代には田んぼを効率的に耕せるよう鉄製品が朝鮮半島から伝わり、米や田んぼを持つ人と持たない人の間に格差が生まれるようになります。

しかし、そうなると米や田を巡って集落ごとで争いが起こり始めます。最終的に残った集落がクニとして統治を行うようになり、今の国と同じシステムが形成されていきました。

また、縄文時代は土器を作る技術があまり発達していなかったために非常に壊れやすいこと、装飾がかなり施されていたことが特徴でしたが、弥生時代の土器は朝鮮半島からの技術を取り入れ薄いながらも壊れにくい土器を作れるようになり、装飾がほとんどなく実用的なものへと進化を遂げることになります。

縄文時代から弥生時代に移っていった時期はいまだにはっきりとはしていませんが、このように縄文時代と弥生時代には決定的な違いが存在していました。

スポンサーリンク


縄文時代の有名な遺跡

全国各地には縄文時代に人々が住んでいたとされる集落の跡が残されています。

次はそんな縄文時代の遺跡について特に代表的な遺跡について紹介します。

大森貝塚

東京都大田区にある大森貝塚は1877年に明治政府に雇われて日本に来日していたモースが大森駅を過ぎたあたりで偶然発見した貝塚です。

まさしく偶然の産物によって見つけられた大森貝塚ですが、この大森貝塚は日本の考古学の中で始めて発掘調査が行われた遺跡であり、縄文時代の生活の重要の手がかりとなる他にも、日本の考古学発祥の地という意味合いもあります。

ちなみに、この大森貝塚ができた頃に富士山が噴火したとされており、この頃の関東に住んでいた人は海産物を食べて生き延びていたと考えられています。

三内丸山遺跡

もう一つの縄文時代の遺跡の代表格と言われているのが青森県にある三内丸山遺跡です。

三内丸山遺跡が存在は江戸時代の頃から言われていたそうですが、この付近に野球場を作ろうとしたときに調査を行ってみたら日本最大の縄文時代の遺跡があることが判明し、発掘調査が行われました。

現在は縄文時代を再現した建造物が建てられ、縄文時代の頃はどんな生活を送っていたのかを学べます。

縄文時代の頃の天皇について

縄文時代には文字が存在していなかったとされ、そのため縄文時代の頃の日本を表した文書はありません。古事記には縄文時代のちょうど終わりぐらいである紀元前660年に神武天皇が奈良県橿原神宮にて即位したと記されています。

神武天皇は日本の総氏神である天照大神の子孫として日本の統治を任され、宮崎県の高千穂に降り立ち橿原神宮にて即位したとされていますが、古事記は神話的要素が非常に高く、存在を裏付けるような証拠が存在していないというのが現状です。

その後、10代目の崇神天皇までは古事記にも詳細な情報が載っていない、いわゆる欠史八代とされており日本史で言うところの弥生時代の最後あたりまでは存在していなかったという説が有力です。

縄文時代まとめ

縄文時代は今の日本とは全く違う文化でしたが、争いが起こらず、自然のめぐみを大切にしながら自給自足の生活を送っていることは今の日本のエコ問題の解決にもつながると言われ始めています。

日本の始まりとも言われている縄文時代には様々な教訓が眠っているのです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク