北条早雲の生涯 伊豆、小田原城攻め~戦国時代の幕開け

北条早雲 伊豆、小田原城攻め~戦国時代の幕開け

室町時代中期、京都から火の手の上がった応仁の乱は全国規模に拡大しました。その様を見て関東に下り、日本最初の戦国大名になった人物こそ「北条早雲(ほうじょうそううん)」です。人生50年といわれていた時代、56歳になって乱世に身を投じた早雲は、なぜ関東に覇を唱えるまでになったのでしょうか?

早雲の出自には分からない部分が多くあります。「伊勢の素浪人」が下克上を成し遂げたという定説がありましたが、近年の研究で由緒ある家の出であることが分かってきました。

スポンサーリンク


伊勢とは伊勢氏のことですが、この伊勢氏は室町幕府では政所(まんどころ)執事を務めた家系です。政所執事とは公家の家政を担当する役所のことでしたが、室町時代には、室町幕府の財政と領地に関する訴訟をつかさどる職として受け継がれていました。武将同士での訴訟があった場合に、伊勢氏が調停をするのです。

また、伊勢氏の本家は平氏の流れをくみ、武家の作法も司っていたとあります。早雲はその分家の子として康正2年(1456年)に生まれました。備中国荏原荘(えばらのしょう)、現在の岡山県井原市の領主だった「伊勢盛定(いせもりさだ)」の子であり、母は京都伊勢氏当主の娘ということですから、決して身分は低くありません。

それどころか、分家とはいえ早雲も高い教養を身に付けていたと考えられています。

ところで「北条早雲」の名は、早雲の後継者である氏綱が北条姓を名乗ったこと、早雲の戒名が早雲庵宗瑞(そううんあんそうずい)であったことから、死後に称されるようになったもので、生前は伊勢新九郎(いせしんくろう)の名で生涯を終えました。しかし、ここでは分かりやすく北条早雲で統一します。

早雲は、京都へ上がり、将軍の弟・足利義視(よしみ)に仕えていましたが、ここで「応仁の乱」を目の当たりにします。応仁の乱は将軍家の家督争いが大乱になったものですが、戦禍と食糧不足に苦しむ民衆がいる一方で、幕府は何もせずにいました。

このことが切っ掛けで、早雲は30代後半で幕府を去ったといわれています。

40代で出家して僧侶となった早雲は、京都で修行の日々を送っていましたが、突如、その姿を消しています。理由や行き先などは明らかではありませんが、いずれにせよ当時としては老境に差し掛かっていた時期でした。その後は56歳で一度は去ったはずの幕府に戻ります。この頃、駿河(するが)守護の役職に就いていた今川家では深刻なお家騒動が起こっていて、ここで早雲の名が出てきます。

当主の今川義忠が応仁の乱で戦死、残された嫡男の龍王丸は幼少だったことで、義忠の従兄弟である小鹿範満(おしかのりみつ)を擁立する派閥と、龍王丸を擁立する派閥が争っていたため、幕府は早雲を駿河に派遣します。早雲は両者を和解させるため、龍王丸が成人するまでは範満が家督を代行するという案で話をまとめました。

しかし、龍王丸が成人したあとも範満は家督を譲ろうとはしなかったのです。

そのため、幕府は再び早雲を派遣し、今度は小鹿範満を討伐することになります。駿河では範満に不満を持つ領主たちを率いて、屋敷を襲撃、範満を殺害すると龍王丸を当主に据えました。早雲は「範満には人望がない」という情報を入手していて、現地で協力する領主たちがいることを見抜いていたのです。

この功績が認められ、早雲は駿河の東にある「興国寺(こうこくじ)城」(静岡県沼津市)を与えられました。このとき、隣国の伊豆には足利政知(あしかがまさとも)が守護として置かれていましたが、ここでもお家騒動が起きています。政知には長男に茶々丸がいましたが、政知の死をきっかけとして、他の兄弟を殺害し、強引に跡目を継いだのです。

早雲は常に領民のことを大切にしていましたが、それをおろそかにしている足利氏に怒り、お家騒動の混乱を見逃さず、1493年(明応2年)に早雲は伊豆に攻め入り、足利氏を滅ぼしてしまいました。領民のことには目を向けず、醜い跡目争いを繰り返す足利氏を見限ったのです。そしてそれは、幕府に対する宣戦布告でもありました。応仁の乱という家督争いが11年も続き、民衆が苦しんでいたので、幕府から独立することにしたのです。

スポンサーリンク


一方で、早雲は民衆に対しては戦で苦しむことのないよう気を配っていました。降伏を申し出てきた領主は許し、自らの軍には略奪行為などを一切禁じます。こうしたことで、支配した領地では安定を図り、さらなる領土拡大を目指します。その目標は小田原(神奈川県小田原市)でした。

当時から小田原は交通の要衝として重要視されていたのです。しかし、小田原城は守りが堅く、力ずくでは落とせません。そこで、城主の大森藤頼(おおもりふじより)に甘い言葉で接近します。書状や贈り物をたびたび送り、藤頼が信頼したところで、領内の箱根山での鹿狩りをさせて欲しいと頼みこみます。これを藤頼が快諾すると、そのまま箱根山経由で兵を送り込み、一気に小田原城を陥落させました。

こうして小田原城を奪い、相模国(神奈川県)の西半分を領土とした早雲でしたが、幕府も黙ってはいません。1496年(明応5年)、関東を平定する関東管領(かんれい)の大軍が小田原に攻め入ってきたのです。戦力差を埋めることはできずに一度は敗退しますが、小田原城が陥落したわけではありません。

早雲はすぐさま国力の増強に取り組みます。財政を安定させ、年貢を引き下げたことで、他国の農民が相模国へと流れてきます。彼らを足軽として取立て、兵力の増強に努めました。戦国時代としては初めての検地を行い、田畑の面積と収穫量を調査、年貢の予測を立て、商業の発展も推奨します。小田原は南が海に面した足柄平野にあり、気候は温暖で米作りも盛んに行われていました。そして、江戸時代に東海道が整備される以前から東西を結ぶ街道の拠点だったため、旅人の往来もあり、商業を発展させることができたのです。

かといって、無理な領国経営はせず、常に民や兵のことを考えていました。時には足軽たちと同じ食事をして、少ない酒は水で薄めて分け合ったといいます。こうした善政が周辺国にまで知れ渡り、16年で軍事力の強化が達成されました。その間も上杉氏による圧迫は感じていましたが、早雲は急ぐことなく力を付けていきます。一方、関東管領の上杉氏では勢力争いに悩んでいました。分家の扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)と本家で関東管領の職にあった山内上杉家(やまのうちうえすぎけ)が争っていたのです。やがて、それは上杉氏の弱体化を招くことになります。

永正9年(1512年)これを好機と捉えた早雲は軍を率いて小田原を出発。山内上杉家率いる関東管領軍との決着を決意したのです。早雲82歳のときでした。体制を立て直した北条軍は、神奈川県のほぼ中央にある岡崎で上杉軍と対決。兵力は互角でしたが、北条軍の奇襲によって上杉軍は潰走しました。遂に上杉に完全勝利したのです。

その後、85歳にして相模国を完全に領土とした早雲は、室町幕府に対して独立宣言を行います。これが戦国時代の始まりでした。

早雲は、家督を息子の北条氏綱(ほうじょううじつな)に譲り、88歳で伊豆の韮山で死去しますが、今でもその人柄は伝えられています。

非常に倹約家で、日々の生活態度にも気を遣っていました。「家にいるときでも必ず髪を整えること」「朝は早く起き、夜は早く寝ること」といった日常生活の心得を説く一方「歌道のない人は取り柄がないので、歌を学ぶこと」「書物を持ち歩き、空いた時間には読書をすること」など、学問を奨励しました。自らは襟を正し、領民には善政をしくことで早雲は人気を得ていたのです。

こうして、早雲が築いた北条氏の礎は実を結び、5代に渡る北条氏の活躍へとつながります。3代・北条氏康の治世には、南関東をほぼ掌握し、豊臣秀吉による小田原征伐まで幾多の敵を退けていったのです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク