セレスティアルクルーズで行く世界の船旅・クルーズ旅行の魅力

セレスティアルクルーズの魅力

セレスティアルクルーズは、ギリシャに拠点を置くクルーズ会社です。ギリシャクルーズがメインですが、キューバクルーズも運航しています。

2015年にキューバとアメリカの国交が回復したことにより、いくつかのキューバクルーズを運航していますが、ほとんどのクルーズ会社がハバナに寄港するだけです。しかし、セレスティアルクルーズはキューバ周遊クルーズを運航している数少ないクルーズ会社です。



セレスティアルクルーズで行く世界の船旅・クルーズ旅行の魅力

1 セレスティアルクルーズの主なコース

セレスティアルクルーズはギリシャクルーズを多く取り扱っています。ギリシャクルーズでは参加しやすい3泊からのクルーズがあります。3泊のクルーズでも、ギリシャの見所にプラスしてトルコにも寄港しますので、ギリシャの見所を短期間で回ることができるだけではなく、トルコも観光することができます。さらに、たっぷりとギリシャ観光を楽しみたい人には、7泊のクルーズも用意されています。

一方、キューバクルーズは7泊のものがあります。こちらはキューバを周遊するだけではなく、ジャマイカにも寄港するプランとなっています。

2 セレスティアルクルーズの船について

クルーズというと最近は大型化が進んでいますが、セレスティアルクルーズはどちらかというと小型船に属する船を3台所有しています。(2018年4月現在)。セレスティアルクルーズで一番小さい船はセレスティアルネフェリで乗客の定員数は800名となっていますが、プールやレストラン、スパ、売店などの施設はあります。

3 セレスティアルクルーズの食事について

クルーズ船の多くはディナーの座席が指定されているのですが、セレスティアルクルーズは自由席となっています。自由席なので、食事の時に、その時々で色々な人と同じテーブルに着くことになります。セレスティアルクルーズは小型船ということもあり、食事の時に同じテーブルに着いた人と船内で再会することも珍しくありません。同じテーブルで食事をしたことがきっかけとなって、再開したときに親しくなることもあるでしょう。

レストランは、アラカルトレストランとビッフェスタイルのレストランがあります。
ビッフェスタイルのレストランは自分の好きな物を食べたいだけ食べることが出来るので、ちょっとだけしか食べたくないときや逆に好きな物をたくさん食べたい人にはお勧めです。アラカルトレストランは、いくつかの選択肢の中から、前菜、メイン、デザートで1品ずつ選んで注文します。日本語のメニューも用意されていますので、どんなものか内容がわからないという心配は不要です。

またクルーズ料金の中に3食の食事の他、ドリンクパッケージが含まれています。ドリンクパッケージには、セレスティアルクルーズで定めた一部のビール、ワイン、ウィスキー、ジン、ラム、ウォッカ、テキーラ、リキュール類、ソーダ、ジュース、コーヒー、紅茶、ミネラルウォーター、スパークリングウォーターがありまです。それ以外のドリンクについては追加料金が必要となります。また、ルームサービスやお部屋のミニバーのドリンクについても、ドリンクパッケージには含まれていません。

4 セレスティアルクルーズ船内の日本語対応について

セレスティアルクルーズの船内サービスは基本的に日本語ですが、3泊4日、4泊5日クルーズには、日本語がわかるスタッフが乗船しています。レストランメニューも日本語のものがありますし、基本的に英語で実施されるショアエクスカーション(現地観光)については、一部日本語に対応しているものもあります。

5 ショアエクスカーション(観光について)

セレスティアルクルーズでは一部の観光もクルーズ代金に含まれています。クルーズ代金に含まれているのはクサダシでの「エフェソス古代遺跡観光」とサントリーニ島での「ティラとイア村観光」です。それ以外のショアエクスカーションを希望する場合には追加料金が必要です。カジュアルのカテゴリーに属しているクルーズでショアエクスカーションが含まれていることは珍しく、その点を含めてもリーズナブルなクルーズといえます。



セレスティアルクルーズで行く世界の船旅・クルーズ旅行の魅力

6 セレスティアルクルーズ船内の服装について

セレスティアルクルーズはカジュアルなクルーズですので、日中の船内、寄港地での観光はカジュアルな服装で過ごす事が出来ます。しかしながら、夕食時には、ドレスコードがあります。たとえカジュアルなクルーズであっても男性、女性を問わずスポーティーなシャツやパンツ、スカートなど(ジーパン、Tシャツ、スニーカー、ビーチサンダル)は好ましくありません。男性ならばシャツにスラックス、女性ならばブラウスにスカート、パンプス(ヒールは低くても大丈夫です)のような少しおしゃれなレストランで食事に出掛ける感じの服装をお薦めします。その他のドレスコードとしては、ギリシャのクルーズ会社らしく、グリークナイトがあります。グリークナイトはギリシャの夕べを楽しむ日です。グリークナイトのドレスコードは、フォーマル、カジュアルを問わずギリシャ国旗の色である青と白を身につけるということです。ギリシャ国旗の色の服装でクルーズを盛り上げます。その他にはキャプテンが主催するカクテルパーティーにもドレスコードがあります。その内容は、 男性はジャケットあるいはジャケットとタイ、女性はおしゃれなワンピースなどが目安となります。

1回のクルーズの中での特別なドレスコードが必要な日は3泊4日クルーズならば、カジュアル2回・グリークナイト1回 、4泊5日クルーズであればカジュアル2回・グリークナイト1回・キャプテン主催のカクテルパーティー1回がだいたいの目安となります。

7 セレスティアルクルーズ船内で体調を崩してしまった場合

もしも、船内で体調を崩してしまったとしても、船内には医務室がありますので、安心して乗船することができます。医務室での診療費、部屋への往診代金、処方せんの代金については別途費用がかかり、日本の健康保険は適用されません。また、船酔いや痛み止め、切り傷などについては、レセプションに御願いすれば薬をもらうことができます。

8 セレスティアルクルーズの船内での支払いについて

船内の通貨はユーロです。船内ではボーディングカード(乗船カード)を使ったキャッシュレスとなっています。乗船したときに、クレジットカードを登録もしくはキャッシュをデポジットとして入金します。キャッシュをデポジットする場合の金額の目安は3泊4日、4泊5日クルーズは200 ユーロ、7泊8日は300 ユーロです。また、カジノなど一部の施設では現金が必要となっています。

9 セレスティアルクルーズは記念日にもお薦め

セレスティアルクルーズでは、事前に連絡(遅くても乗船の2週間前ぐらいまで)すれば、クルーズ中に誕生日や結婚記念日、ハネムーンで乗船する人に対して無料でケーキがプレゼントされます。このサービスは乗船した後でも受けることは出来ますが、乗船してから連絡した場合には有料となってしまいます。記念日をセレスティアルクルーズで過ごしたいと考えている人は早めの連絡をお薦めします。

10 セレスティアルクルーズ船内のインターネット環境について

クルーズ旅行中でも、メールのチェックをしたり、気に入った写真をSNSでみんなに共有したいと思うことがあると思います。セレスティアルクルーズでは、船内でWi-Fiを使うことが出来ます。料金は、1時間7ユーロ、3時間16ユーロ、6時間25ユーロです。ただし、海の上での接続ということで、海域や衛星に影響を受けて接続しにくいこともあります。

ギリシャクルーズについては期間の選択肢も多くショアエクスカーションもついているので、セレスティアルクルーズはカジュアルにギリシャクルーズを楽しみたい人にお薦めです。

また、セレスティアルクルーズではキューバ周遊クルーズもを行っています。

通常キューバ旅行といえばハバナで、それ以外のエリアでもプラス、バラデロに行くツアーが大半で、なかなかキューバを気軽に周遊できる機会はありません。キューバには、世界遺産の街、ハバナ以外にも同じく世界遺産があるトリニダー旧市街やビーチリゾートのバラデロなど魅力的な観光地が数多くあります。

なかなか訪れる機会が少ない街も観光することができますので、じっくりとキューバを楽しみたい人にもお勧めできるクルーズといえるでしょう。



セレスティアルクルーズで行く世界の船旅・クルーズ旅行の魅力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です