旅に役立つ語学・外国語

海外旅行を計画したときに、多くの人が不安になる事の1つに言葉の問題があります。言葉が通じないと不安なので、日本語が通じるところ、もしくは困ったことがあればすぐに添乗員に御願いできるように、日本人の、もしくは日本語ができる添乗員のいるツアーでしか海外旅行には行かないという人もいるかもしれません。しかし、訪れた国の言葉で簡単な会話ができると、自分達だけで行動できる範囲が広がるだけではなく、現地の人とのコミュニケーションを取ることが出来たりとメリットはたくさんあります。

日本語のメニューの無い、地元の人だけが食事するようなお店での食事や、その土地の隠れたお薦め料理を楽しむ事ができたり、ツアーのオプションだけではなく、街を探索するようなフリータームの楽しみも増え、また、買い物も免税店やツアーで行くお土産物屋だけでなく、地元のお店で見つけた気になるものが値段の交渉をしながら買えたりもします。

また、トラブルに遭遇したときやお願い事があるときにも現地の言葉が話せるとだいぶ違ってきます。個人で観光しているときに道がわからなくなったとき、簡単な旅行会話と地図があれば、観光案内所を探さなくても、周りの人に道を尋ねることも出来ます。ホテルに滞在して、空調を調節したい、部屋を変えて欲しい、モーニングコールを御願いしたいなど色々なお願い事が出てくることもあるでしょう。

しかし、海外旅行に行くときに、行き先の国の言語ができるとメリットが多いことは、わるけれども、海外に行くたびに、その国の言葉を勉強することは大変だから無理と思う人も多いと思います。

確かにその国の言葉を不自由なく完全にマスターすることは簡単なことではありません。しかし、旅行で使う会話はパターン化されています。空港やレストラン、ホテル、タクシーや駅などシチュエーションによって、よく使われる会話や挨拶だけをあらかじめ勉強し、旅先でその国の言葉で会話するだけなら、さほど難しいことではありません。

せっかく旅行に行くのだったら、事前に簡単な旅行会話を勉強しておいて損はありません。楽しい思い出や経験を作るためにもその国の言葉を勉強してみましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク